生酵素サプリに副作用をチェック!アレルギーにも注意が必要?

カルテ

生酵素サプリの気になる副作用は?

酵素は摂取することで身体に健康や美容、ダイエットをサポートする効果を得ることが期待出来るのですが現代の生活習慣や食生活では足りなくなりやすい栄養素です。

 

生酵素をサプリメントで摂ることで酵素の働きを身体全体にまんべんなく届けられます。

 

生酵素サプリはサプリメントで栄養補助食品としても取り扱われるため副作用を引き起こすことを心配する必要はほとんどありません。

 

生酵素サプリは基礎代謝力や免疫力を高めたり、健康な状態を維持したりすることが目的となるヘルスサプリメントに該当します。

 

医薬品であれば有効成分の効果により体質などによっては身体に副作用を引き起こしてしまう場合もありますが、このサプリメントは身体の健康をサポートする役割があるため心配はほとんどありません。

 

生酵素サプリとアレルギー表示

生酵素サプリに配合されている酵素は身体の中にすでにあるものなため身体の中に取り込んだからといってアレルギーを引き起こすようなことはありません。

 

ところが生酵素サプリに配合されている果物や野菜により、その症状が現れることがあります。

 

症状には個人差がありますが、喉や口腔内が腫れたり、痒くなったり、腹痛や吐き気を感じたりすることがあるのです。

 

そして症状が重症化して血圧が低下したり意識が混濁したりなどといったアナフィラキシーショックを引き起こして命が危機に晒される場合もあります。

 

こういった症状を避けるためにはパッケージに記載されているアレルギー表示と原材料の成分を確認することが必要です。

 

またサプリメントに配合されている着色料や保存料などでも症状が現れる可能性もあるため添加物も注意する必要があります。

生酵素サプリで下痢や腹痛になるって本当?

生酵素サプリは口コミ情報サイトなどで、お肌が荒れてしまったり、お腹が痛くなったといった口コミがみられることがあります。

 

一見すると副作用のような症状ですが、これは身体が良い状態に改善するときに引き起こされる好転反応と呼ばれる現象が起こっている訳です。

 

症状が副作用と似ているので誤解されやすいですが、好転反応は毒素や老廃物が蓄積されていて身体の調子が悪い部分に酵素の作用で血液を介して身体の外側に排出していきます。

 

ところが老廃物や毒素が血液と共に身体の中を巡ることで下痢や腹痛、肌荒れといった症状が一時的に現れるのです。