【生酵素とは】消化酵素と代謝酵素の働きを知って体質改善を目指そう

トマト

体内酵素は消化酵素と代謝酵素に分けられます

人の体内では様々な化学反応が起きているのですが、その化学反応を引き起こす役割を担っているのが体内酵素です。

 

言ってみれば、触媒のような働きをします。主にタンパク質で構成されており、限られた条件の下で作用します。

 

また、特異性と呼ばれる性質があり、1つ1つの酵素は特定の物質にしか働きかけることはありません。

 

例えば、食べ物の脂質を分解する働きを持つ酵素は、脂質以外のものは分解しないのです。

 

タンパク質にはタンパク質を分解する酵素があり、糖質には糖質を分解する酵素があります。

 

体内酵素は5000種類もあると言われており、消化や吸収、代謝といった体の中のあらゆる生命活動に関わっています。

 

大きく分類すると、消化酵素と代謝酵素の分けることができます。

 

消化酵素と代謝酵素の違いと働き

体内酵素である消化酵素と代謝酵素には、どういった違いがあるのでしょうか。

 

まず、消化酵素には、食べ物や飲み物を消化するサポートをする働きがあります。

 

ご飯などのデンプンは胃で消化されると、ブドウ糖(アミラーゼ)に分解されます。

 

タンパク質はアミノ酸、脂質は脂肪酸に分解されるのですが、これらはすべて酵素によるものです。

 

それに対して代謝酵素は、代謝に関わる働きをします。

 

例えば、消化吸収された食べ物の栄養を細胞の隅々にまで届ける新陳代謝に欠かせません。

 

それから体の中の有害物質を汗や尿として排出するメカニズムにも関わっています。

 

その他にも免疫力を高めたり、病気になった際などに発揮する自然治癒力を引出す作用もあります。

 

【生酵素とは?】ダイエット効果を簡単解説

生酵素とは、加熱の処理がされていない酵素のことをいいます。

 

酵素には美容や健康に良い効果があるとされていますが、熱に弱いという性質を持っていることが多いので加熱処理されていると持っている力を発揮することができません。

 

加熱処理がされていない酵素を摂取すれば、消化吸収を促したり代謝をアップさせることができます。

 

また、代謝をアップさせることで消費されるエネルギーも大きくなるため、ダイエットにも効果的です。